水宅配の比較 > サーバーの解説 > ウォーターサーバーの料金

ウォーターサーバー利用の料金

ウォーターサーバーは便利そうなので使いたいけど、「何にどれくらいのお金がかかるのか心配」といった声をよく聞きます。水宅配の業者にもよりますが、実はウォーターサーバーは高い価格ではありません。むしろ安くて経済的なエコ商品なのです。

水サーバーの料金

レンタル料金・購入費用

ウォーターサーバーを利用した水の宅配サービスの場合、ウォーターサーバーを買い取るタイプとレンタル(借りる)するタイプがあります。


現在の主流はレンタルするタイプですが、買い取った場合には水が安く購入できるなどのメリットがある場合もあります。また、業者によってレンタル料や買い取り価格が異なります。中にはレンタル料が無料のところもあります。


ウォーターサーバーのレンタル・購入にかかる料金の相場は、
【レンタルの場合】レンタル料(月々):無料〜1,500円
【買い取る場合】購入価格:15,000〜30,000円

サーバーとボトルの画像→クリティア

水サーバーにかかる電気代

電気代

ウォーターサーバーを利用する際、水の品質を保つため常時電源を入れておく場合がほとんどです。その場合に電気代が気になりますが、実はそれほど電気代はかかりません。


なぜなら、魔法瓶を思い浮かべてください。魔法瓶は電力を消費しませんが、冷水でも温水でも一定時間は温度を保てますよね。それと同じ考えです。


ウォーターサーバー内部には冷水用と温水用のタンクが入っていて一度冷やした水はある程度の時間が経つまでは温度を保ちます。温水も同様です。 つまり、一度冷やした(温めた)水は何もしなくてもある程度の時間は温度が保てますので、その時間は電気代がほとんど掛からないのです。 温水タンクの場合は、一定の温度まで下がったら再度温めるために電力を消費する。冷水タンクの場合は一定の温度まで上がったら再度冷やすために電力を消費するといった感じです。


ウォーターサーバーの利用に掛かる電気代は、
【月々の電気代】:1,000円前後
(利用状況により異なります。水を沢山使えば電気代は上がりますし、あまり使わなければ電気代は下がります。)

ウォーターサーバーのメンテナンス・修理コスト

メンテナンス(修理コスト)

メンテナンス(修理、修繕)として考えられるのは「故障時」と「定期的な内部清掃」です。


まず「故障時」ですが、ウォーターサーバーを普通に使っている状態で故障した場合には無料で修理してくれる業者が一般的です。 無料で修理してくれない場合の例としては、契約している業者とは別の業者の水ボトルを使った場合や蹴飛ばして壊した場合など、普通に使っている状態では起こり得ない場合の故障です。この場合には弁償することになります。


次に「定期的な清掃」ですが、ウオーターサーバーを利用し続けると、内部の部品が摩耗したりミネラル成分が内部に沈殿したりする場合がありますので、定期的に部品の交換や内部の清掃が必要になります。


ウォーターサーバーのメンテナンスにかかる料金の相場は、
【普通に使っていて故障した場合】無料〜1,500円
【普通でない使用で故障した場合】30,000円程度(状況によります)
【定期的な清掃】無料〜10,000円

ディスペンサーやボトルの宅配送料

サーバーやボトルの送料

ウォーターサーバやお水の送料は業者により異なりますが、ほとんどの業者は無料で配達してくれます。


ただし、北海道や沖縄などの一部地域では送料がかかる場合が多いです。


【ウォーターサーバーやボトルの送料】無料

ウォーターサーバー利用で出るゴミ

サーバー利用はエコになる

ガロンボトルタイプのウォーターサーバーを利用した場合には業者が空きボトルを回収してくれますので一切ゴミは出ません。


他方、ソフトボトルタイプのウォーターサーバーの場合には、飲み終わった空きボトルはゴミとして捨てることになります。ただし、最近ではペットボトル素材が使われている業者があり、その場合にはリサイクルとしてゴミ出しできるので環境にやさしいボトルと言えます。


ウォーターサーバーの紹介(ガロンボトル)→ 水の宅配アクアクララ

ウォーターサーバーの紹介(ペットボトル素材)→富士山の天然水