水宅配の比較 > 水の雑学 > ミネラルとピュア

ミネラルウォーター vs ピュアウォーター

ミネラルウォーターとピュアウォーターの違いを簡単に説明すると「ミネラル成分を含んでいるか否か」です。ミネラルウォーターは「ミネラル成分を含んだ水」、ピュアウォーターは「ミネラル成分を含んでいない水」です。

ミネラルウォータ とは

ミネラルウォーターの説明

ミネラルウォーターとはカルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、カリウム(K)、ナトリウム(Na)、バナジウム(V)などの「ミネラルが含まれた水」です。


ミネラルウォーターには厳密な定義があり、ミネラルウォーターの中でも農林水産省のガイドラインによって「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーター」に分類されます。これら全てを総称した呼び名が「ミネラルウォーター」です。


ですから、ミネラルウォーターといっても、ミネラルの量、硬度、採水地などによってミネラルウォーターであるか否かが決まるわけではありません。極端なことを言えば、水道水をボトルに入れた水もミネラルウォーターと言っても間違いではありません。

ピュアウォータ(純水)とは

ピュアウォーターの説明

ピュアウォーターとは日本語に直訳すると「純水」となりますが、その名の通りミネラル成分をはじめとして不純物が含まれていない水です。


ピュアウォーターに関しては、この記事を書いている現在においては農林水産省のガイドラインに記載はありません。


ピュアウォーターは天然水ではなく加工した水です。NASA(アメリカ航空宇宙局)で採用されている最先端の浄水システム逆浸透膜方式(RO)で、水中の不純物を99%以上取り除いた水す。


極端なことを言ってしまえば、小便でも逆浸透膜の浄水器を使えばピュアウォーターになります。ですから、一般に売られているピュアウォーターの原水は水道水の場合が多いですし、例え天然水などで有名な地域が原水だとしても、最終的には逆浸透膜の浄水器を使うので同じことだと思われます。(商品イメージだけの問題です)