水宅配の比較 > 水の雑学 > 二日酔いと水

水を適時・適量飲んで二日酔い予防

適度な量のお酒なら二日酔いにはなりません。しかし、仕事や付き合いで、いつもより多めに飲んでしまう場合もあります。そんな時は水を沢山飲めば二日酔い防止になります。お酒を飲む前やお酒を飲んでいる最中に喉が渇いていなくても水を飲めば大丈夫です。

酒を飲んだ時の体内の流れ

まずは、お酒を飲んだ時に体の中ではどのような流れになるのか説明します。

酒を飲んだ時の体内の流れ

ビール、日本酒、焼酎、ウィスキー、ワイン等お酒を飲むと、アルコールは胃そして腸で吸収され、肝臓まで送られます。


肝臓ではアルコールを分解してアルデヒドを作り、酢酸に分解され、さらに水と二酸化炭素に分解されて体外に排出されます。


体内で分解できる量のアルコールなら、水と二酸化炭素として体外に排出されます。


アセトアルデヒドの代謝能力(アルコールを分解できる能力)は、個人の遺伝的体質によって差があるりますので、体内で分解できる量のお酒なら飲んでも二日酔いにはなりません。

二日酔いの原因

次に、二日酔いの原因を説明します。

二日酔いの原因

体内で分解できる量を超えてお酒を飲んでしまうと、毒性が強いアセトアルデヒドが分解できずに血液中に残ってしまいます。


それが二日酔いの原因です。

二日酔いを予防する方法

最後に本題の、二日酔いを予防する方法を説明します。

2日酔いを予防する方法

お酒を飲む前に水を飲めば水分不足を和らげることができます。


お酒を飲んでいる間は喉が渇いていなくても、時々水を飲むようにしましょう。


特にビールは利尿作用がため、尿による水分の排出が多くなりますので多めに水を飲んで下さい。


お酒を飲んだ後も水を飲んで代謝を活性化して下さい。