水宅配の比較 > 水の便利帳 > 水道水について

飲料水としての水道水の安全性

昔は日本の誰もが水道水を飲んでいました。世界で水道水が飲める国は珍しいです。今でも日本の水道水は飲めますし、塩素で消毒しており、水道法の規定で塩素濃度も一定割合に決められているので安全といえば安全です。 ただ、決して美味しいとは言えません。また、塩素は毒性を持ち有機物と反応することで発癌性の恐れのあるトリハロメタンを生成するといわれます。おいしくて安全な水を求めるなら水道水は飲料水としての役目を終えたのかもしれません。

水道水の今昔

飲料水としての水道水離れ

一昔前は世界で一番安全な水、そして世界で数少ない水道水を飲める国として日本が挙げられていました。


しかし現在は日本も悪い意味でグローバルスタンダードの仲間入りをしてしまいました。つまり、水道水が「危険」とされてきてしまったのです。


情報に敏感な若年層では飲料水としての水道水離れが急速に進んでいます。


蛇口をひねれば出てくる水は便利で生活には欠かせません。しかし、飲み水としては既に過去のものとなっているようです。

水道水がマズイ理由

水道水の安全性

水道水が「まずい」のは「おいしさ」よりも安全性を優先しているからだと思われます。蛇口をひねって出てくる前の水は病原微生物が含まれているので塩素を使って消毒しています。


つまり、各家庭に届く水は塩素で消毒されているので安全ということです。塩素の濃度はたえず監視されているらしいので人体には影響ないようですが、やっぱり怖いですね。

水道水は飲むには適さない

水道水が飲料水として適さない理由

私達が台所から流す廃棄物などの生活排水等によって川や海そして地下水がどんどん汚染されていきます。 飲み水としての基準を満たすためには有害物質を取り除くため塩素を投入します。


適度の量の塩素投入なら問題ありませんがが、多量の塩素は危険です。塩素は発がん性物質である発ガン性物質であるトリハロメタンの発生原因とな ると言われているからです。


有害物質を除くために塩素を投入する、しかし量にやっては塩素自体が人間の体に 悪影響を及ぼす、まさに悪循環です。