水宅配の比較 > 水の便利帳 > バナジウムとは

最近話題のバナジウムを解説

バナジウムとはカルシウムやマグネシウムなどと同じミネラルの一種です。血糖値を下げる作用があり、糖尿病の予防や治療に効果があるといわれ、最近盛んに研究され、注目されています。

バナジュームのイメージ

バナジウムとは

バナジウムとは、人間の体に必要なミネラルの一種です。人間の体内には100μg前後のバナジウムが存在します。


必須ミネラルの中の超微量元素ですが、体内の老廃物や毒素を排出し、中性脂肪やコレステロールの合成を抑制して心臓発作や動脈硬化を予防するといわれ最近注目されているミネラルです。

バナジームを含む食材

バナジウムを含む食材

バナジウムを含む食材は「牛乳」、「豆腐」、「ひじき」、「ワカメ」、「エビ」、「カニ」、「貝類」などです。


バナジウム元素自体は猛毒ですので、間違った解釈をされている方がいますが、人間の体には必須のミネラルです。通常の食材に含まれるバナジウムの量は害になるようなものではありません。

バナジューム含有の天然水

バナジウムを含んだ天然水

バナジウムは、富士山周辺を採水地とするミネラルウォーターに多いと言われます。


なぜなら、バナジウムは玄武岩(火山岩の一種で、地表に噴出したマグマが瞬間的に固まって出来る岩石)に浸透した水に多く含まれているからです。


富士山は7つの玄武岩層からなっており、雪どけ水が地中に染み込む過程でバナジウムを溶かし込みます。そのような過程で、富士山の地下水はバナジウムを多く含んだ水になるのです。

オススメのバナジウム天然水→富士山のバナジウム天然水 CLYTIA

バナジュームと血糖値、糖尿病

バナジウムと血糖値、糖尿病

バナジウムは今注目されているミネラルの一種です。血糖値を下げるインスリンと同様の作用が確認され、成人病予防、特に糖尿病の予防に効果が期待できると考えられています。


ただし、現時点では糖尿病治療の効果については、まだ実験段階だといえます。バナジウムが糖尿病患者の救世主となることを願いつつ、今後の研究に期待しましょう。


「バナジウムのミネラルウォーターを飲んで糖尿病を治療しよう」という積極的な考えではなく、あくまで補助的なものと考えた方が良いでしょう。